Queria

「困った、どうしよう」の少ない毎日へ

花粉症の方必見!ダイキン最強の空気清浄機MC80T-Wがすごすぎた!

今年もやってきた花粉症の季節。鼻水や目のかゆみ、くしゃみも止まらない。本当にツライですよね。そんな方にオススメなのがダイキンの空気清浄機MC80T-Wです!この記事では実際に使ってみてどうだったのか紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。
6,468 views

ついに今年も花粉症の季節がやってきましたね・・・

 

毎年この時期になると、

「鼻水、くしゃみが止まらない!」

「目がかゆくてたまらない!」

という方が多いのではないでしょうか?

 

やはり皆さん大変みたいですね。

 

私も毎年この時期になると鼻はズルズル、目はかゆくなり、くしゃみも止まりません・・・。
本当にツライ毎日を送っています。

 

私は花粉に敏感で外にいる時だけでなく、屋内に持ち込まれた花粉でもこの症状は続いてしまいます・・・。

実は一度花粉症を発症すると、室内に漂うホコリやハウスダストでも体が花粉と勘違いして、同じような症状が出てしまうようなんです。

 

今までは必死に洗浄してきたが・・・

これまで薬とマスクやメガネ、洗顔やうがいなどあらゆる手段を尽くしてなんとかしのいできました。

 

そんな私ですが、屋内にいる時だけでも花粉症に対抗できるであろう秘密兵器をついに手に入れたんです(^ ^)

 

それがコチラ!


こちらはダイキンの空気清浄機MC80Tです!

 

これまでは、

「空気清浄機は本当に効果があるのかなあ?」

と半信半疑でしたが、今年は意を決して買ってみたのです!

 

これはダイキンの最新式の空気清浄機で、

  1. 8畳の部屋をわずか10分足らずでクリーンにできるパワフル吸引!
  2. 電気のチカラでカビやダニ、花粉やPM2.5など空気中の汚れをキャッチし、また集塵力も持続しやすい「電気集塵方式」を採用!
  3. 空気中の汚れを感知して自動的に弱運転に切り替わるeco節電モードも搭載!
  4. 中の集塵フィルターも10年間買い増し不要な上、フィルター交換もラクラク!

というスペックを兼ね備えています。
なんとも頼もしい性能ですね!

 

ですが

「欲しいとは思うけど、実際のところその性能や使いやすさはどんなもんなの?」

と思われる方が多いのではないでしょうか?

 

空気清浄機は決して安い買い物ではないので、やはり選ぶのは慎重になりますよね。

 

また世の中に空気清浄機が広く出回るようになってから、もう10年以上経ちます。

 

当時最新式であったものも、今の空気清浄機と比べると性能面やお手入れの手間など雲泥の差があり、新たに買い替えを考えている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は花粉症で悩んでいる私が実際に使ってみてその効き目やお手入れの手間などはどうなのか、その実力を確かめていきたいと思います!

 

「花粉症がやばいから空気清浄機を買ってみたいけど、どんなもんなんだろう?」という方は、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

それでは参ります!

 

【ネットで注文!すぐ届く!】
ダイキンの空気清浄機MC80T-W

今回はお店に行くのが面倒だったのでヨドバシカメラの公式通販サイト「ヨドバシ.com http://www.yodobashi.com/で注文をしました。

 

利用する前に登録しなければならないのですがその登録料も無料で年会費もかかりません。

送料無料、指定日配達も無料でお得で使いやすいです!

 

3月8日のお昼過ぎ、12時40分ごろ注文して次の日朝一番には届いてしまう早さでした!

 

そして届いたのがこちらになります。

開けるとこのようになっています。

今回はモノがモノなので、ダンボールはかなり大きいです。

自宅用の宅配ボックスには間違いなく入らないと思うので、その点は注意してくださいね!

手前の青いものが最初に取り付けるフィルターです。

保証書は箱の横についていますので大切に保管しておきましょう。

中に入っているのはこちらの3点です。

説明書、本体、フィルターの三点です。

では実際にセットアップしてみます!

 

使う前にセットアップ!かなり簡単!

本体の下の方、左右にある突起部を押して正面のカバーを手前に引き上げます。

正面のカバーを外すとこのようになります。

ここでさらに4枚の交換用フィルターが出てきました。

この場所に収納してあれば無くしてしまう心配もないですね!

さらにここから外していきます。


左右の取っ手を持ち手前に引き上げながら外します。

外すと今度は脱臭触媒ユニットが出てきます。

この黒い部分に空気清浄フィルターを取り付けます。

こちらの黒い脱臭触媒ユニットも同様に外します。

さて、ここで空気清浄フィルターを取り付けるのですが今回は、付属のフィルターに加えてバイオ抗体フィルターというインフルエンザなどのウイルスを不活性化させる効果のあるフィルターも取り付けてみました!

 

フィルターにウイルスを不活性化させる成分が練りこまれており、そこを通過することで、効果を発揮するということでした。

 

早速取り付けてみます。今回取り付けるのはこちら。

厚紙の中に、透明なビニールの袋に包まれています。

これを脱臭触媒ユニットの裏側に取り付けます。

これでバイオ抗体フィルターの取り付けは完了です。

次に付属の空気清浄フィルターを取り付けます!。

付属のフィルターはこんな感じです!

これを広げて取り付けます!

表が白、裏が青で白いほうが外側になるように取り付けます!

この向きを間違ってしまうと、空気を綺麗にする性能が低下してしまうので気をつけてくださいね!

この向きで取り付けます!外側が白、内側が青色になるように取り付けます。

取り付けるとこのようになります!

大切なことなので何度も言いますが、このフィルターの向きを間違えないように注意してくださいね!

空気清浄フィルターをつけたら、あとは元に戻してセットアップは完了です!

しっかりとフィルタリングされていますね!

これでもういつでも使えます!

使用する前のセットアップは、特にドライバーなど必要なものはなく、カバーを開けてユニットを外して空気清浄フィルターを取り付けてすぐに使えるという点でお手軽です。

 

実際のセットアップには3分もかかりませんでした!

おそらく全速力でやったら、30秒もかからないのではないでしょうか(笑)

セットアップはそれぐらい簡単です!

中のユニットを外してフィルターを取り付けるだけでした。

 

「機械はややこしくて苦手なんだよなあ・・・」

と思っている方でもこれならあっという間に組み立てられるはずですよ!

手に入れてすぐに使い始められるのは、手間が少なくいいですよね♪

 

ではセットアップが完了したところで実際に使ってみます!

 

実際に使ってみた! その効果はいかに⁉︎

では早速使ってみたいと思います!

電源は本体のボタン、もしくはリモコンでつけることができます。

電源をつけるとモニターが光りだし、風量の強弱や、ecoや花粉モードなどを選択することができます。

空気中のホコリやニオイなども感知して光で知らせてくれるんです♪

ホコリセンサーでは、

  • ハウスダスト
  • タバコの煙
  • 花粉
  • ダニ
  • ペットの毛
  • ディーゼル粉塵

またニオイセンサーでは、

  • タバコ臭
  • 料理臭
  • ペット臭
  • トイレ臭
  • 生ゴミ臭
  • カビ臭
  • スプレー臭
  • アルコール臭

などなど身の回りで発生するであろう、ほぼ全てのホコリやニオイに対応しています。

電源を入れると本体の三ヶ所から空気が吸い込まれ、上部からフィルターで濾過された綺麗な空気が出てきます。

 

これらの3ヶ所から空気が吸い込まれます。

こちらから綺麗な空気が出てきます!

この中にあるファンが回転して、空気が出てくるという仕組みです。

 

実際に使ってみると、これを動かしている間は明らかに花粉症の症状が改善されています!

これまでは1日に何十回と鼻をかんでいましたが、使い始めてからは数える程度に減りました。

 

以前は花粉症の人御用達の鼻セレブを、一日で軽く全部消費していたほど(^^;;

 

夜間も鼻づまりで寝苦く、2時間おきくらいに目を覚ましていましたが、使い始めてからは目を覚ますことなく朝まで熟睡できるようになりました。

 

使用前と、今では明らかに花粉症の症状が改善されています!

「空気清浄機を使うのがこんなに効果的だったなんて・・・」

正直にこのように思いましたね(笑)

 

これまでは

「所詮使ってもそんなに変わらないだろ?」

と思っていましたが、このように考えていた昔の自分を殴ってやりたい気持ちになりました・・・

 

花粉症による鼻水・鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみでツライこの季節。

屋内にいるときぐらいは、快適に過ごしたいですよね!

花粉症対策で空気清浄機を導入するかどうか迷っている方は、ぜひ導入してみてくださいね!

明らかに症状が改善されますよ(^ ^)

 

では次に、空気清浄機のお手入れ方法についてもご紹介していきます!

 

空気清浄機のお手入れ方法

空気清浄機で最高の効果を得るには、定期的な手入れも必要になってきます。

「空気清浄機は効果があるのはわかったけど、お手入れが面倒なのは嫌だな〜」

と思いますよね?

でも大丈夫です!

ややこしく思えるかもしれませんが、ホントに簡単です(笑)

まずはお手入れの前にこのように分解します。

そして一つ一つの部品ごとに手入れをしていきます。

まずはこちら、一番外側の大きなホコリなどをブロックするフィルターです。

こちらは約2週間に1度ほど掃除機で吸うか、水洗いで掃除します。

こちらはプラズマイオン化部で、空気を清浄にする重要な部分になるので大事に扱ってください。

こちらも掃除機で吸うか、1時間ほど水かぬるま湯につけ置きします。

ユニット1のランプが点灯した場合に掃除をしてください。

こちらのストリーマユニットは約3ヶ月に1度か、またはユニット2のランプが点灯した場合に掃除をします。

こちらのフィルターはフィルターのランプが光った場合に交換します。

これら3つの替え時はこちらで確認することができます。

この脱臭触媒ユニットは約1ヶ月に一度か匂いや汚れがきになる場合に掃除してください。

こちらは、絶対に水洗いはしないでください!

水洗いをしてしまうと、型崩れしてしまい使用不可となってしまうので注意してくださいね。

掃除機で吸うようにして掃除しましょう!

このニオイやホコリを感知してくれるセンサーもホコリが溜まったら掃除機で吸います。

このセンサーを綺麗にしておかないと、ホコリやニオイを正確に感知してくれなくなるので注意してくださいね!

 

お手入れする部分は、以上の通りです。

使用している環境にもよりますが、そこまで頻繁に手入れが必要なわけではありません。

とんでもないゴミ屋敷のようなところで使っていれば、毎日掃除しなければならないかもしれませんが(^^;;

 

この程度の手間で花粉症の症状が改善されるのであれば、使うメリットの方が大きいのではないでしょうか?

 

まとめ

これまでは、花粉症に効果があるのかどうか半信半疑でしたが実際に使ってみるとその効果に驚かされました・・・!

悩みであった、鼻水や鼻づまりが解消されたのです。

まだ使い始めて1週間ほどですがバツグンにその効果を体感できています!

 

「花粉症対策で空気清浄機を買おうかなあ」

と迷っている方に向けて、もうはっきり言います。

花粉症対策で空気清浄機があった方が、間違いなくイイです!

 

部屋にいるときくらいは、鼻水・鼻づまり、くしゃみや目のかゆみから解放されたいですよね?

安物の空気清浄機を使っていましたが、これに買い換えて本当に正解でした!

花粉症で悩んでいる方は、安くなっている今が買い時です!

 

1年間フル稼働した空気清浄機を掃除!(2018年6月29日加筆)

この空気清浄機を購入してからおよそ1年。

花粉が大暴走するシーズンを乗り越え、今年も大活躍してくれた我が家の「絶対花粉殺すマン・MC80T-W」・・・!


購入当初にお手入れ方法をかきましたが、それぞれのパーツの「2週間に1回」「1ヶ月に1回」などというお手入れ周期はやはり守れず・・・(^^;;)

全くお手入れしないまま、1年間フル稼働してもらっちゃいました。
なんとブラックな労働環境・・・(笑)


パッと見は目立たないものの、よく見ると空気取り込み口にもホコリが。

フィルター交換・ユニット1・2のランプは点灯していないものの・・・。

なんとなく、ホコリランプがずっとついているような気がします。
さすがに1年経っているし、内部にもホコリがたまってしまっているのかも・・・!?

という訳で今回は、1年ぶりにちゃんと全体の整備をしていこうと思います!

お手入れは、説明書の「お手入れ早見表」を見つつ進めます。

① 本体を拭く
② プレフィルターのホコリをとる
③ ユニット1(プラズマイオン化部)を洗う
④ ユニット2(ストリーマユニット)を取り出し、③と一緒につけおき
⑤ 空清(プリーツ)フィルターを交換する
⑥ 脱臭触媒ユニットを掃除機で吸う
⑦ ニオイ・ホコリ感知センサーを掃除機で吸う(拭き取る)

手順は多く見えますが、前部分にも書いたとおり1つ1つの作業は全然難しくありません。
では、サクッとまいりましょう!

準備するものはこの4つだけ


用意するものは、

  1. 汚れてもいいタオル
  2. 掃除機
  3. マスク・ビニール手袋
  4. 頑固な汚れ用の中性洗剤(台所用でOK)

以上の4つ!

マスク・ビニール手袋(写真では軍手ですが・・・笑)は必需じゃないんですが、1年間放置した私の場合、かなりホコリが舞ったのであったほうがよかったです(汗)

また、「お手入れ手順に”つけおき”という作業があるのに、それ用の容器はいらないの?」という声が聞こえてきそうですが。

つけおきする部品が大きく、こちらで用意した大きめの容器から完全にはみ出てしまったので・・・つけおきする場合は「洗面台 or お風呂に水を張る」ことをおすすめします。

ですので、容器の準備はなければないで大丈夫です!

①本体を拭く


まずは長らく放置してしまったことへの謝罪の意をこめて本体を拭きます。

ホコリが付いているくらいなら水で濡らして拭くだけでOK。
今回は使いませんでしたが、水で取れない汚れが付いている場合は、中性洗剤を少しだけつけて使います!


溝もしっかり拭きましょう。

【所要時間】1〜2分程度

②プレフィルターのホコリをとる

次に、内部の掃除に移ります。

1年間フル稼働した空気清浄機、どれだけ汚れているのか・・・。
意を決して蓋を開けてみます・・・!


予想通り、ホコリがビッシリです・・・!

この緑色のプレフィルターは本来、2週間に1回の清掃が望ましいとされていますから、当然といえば当然なんですが・・・(笑)


説明書には掃除機で吸うようにありますが、ペロッと取れちゃいそうな感じだったので・・・ティッシュで。


チャチャッと取り終わりました!

この作業だけでだいぶ、清浄機から出る空気のキレイ度が変わってくれそうな予感・・・。
(とてもカンタンな作業なので、これからはここだけでもちょこちょこホコリをとってあげるようにします・・・)


ホコリを取り終わったら、フィルターをパコッと外して・・・


水でジャジャーッとすすぎます。


綺麗になりました♪

タオルで水気をとって、日陰でしっかりと乾かしましょう。
(水気が残っていると、ユニット1のランプが点灯してしまうみたいです)

【所要時間】5分程度

 

③ユニット1(プラズマイオン化部)を洗う


プレフィルターを外して出てくるこの部分。
空気を洗浄する上でとても重要なプラズマイオン化部です。


左右のつまみをひっぱるとカンタンに取れます。

こちらは、軽くホコリを拭き取って・・・。
④の「ユニット2」と一緒につけおきしますので一旦放置。

【所要時間】1〜2分程度

 

④ユニット2(ストリーマユニット)を取り出し、③と一緒につけおき


続いて、換えフィルターの右にある「ユニット2」の部分をひっぱって取り出します。


そしてこちらを先ほどの③「ユニット1」と共に、少量の台所用洗剤を溶かした水につけおきします。

というわけで・・・つけおき用の容器を用意!

したんですが・・・

は・・・はみ出た。

ということで仕方なく・・・パーツを分解して。


(このように、極板×2が外せるようになっています)


ユニット1の対向極板+ユニット2のみ、つけおきすることに。

分解せずにつけおきするには、これより大きい容器を用意するか、洗面台かお風呂場に水を張るしかないようですね。

この容器もかなり大きい(30cm×50cmくらい)ので、後者有力ですが・・・(笑)

 

〜1時間経過〜


つけおきしても、あまり見た目は変わらず。
よ〜〜〜く見るとホコリが浮いてるかな?程度。
まあそれも、「流すか拭けば問題ない」くらいのホコリです。

結果・・・今回の空気清浄機の状態だと、そこまでつけおきする必要もなさそう。

目に見えて汚いときや、ニオイが気になるとき以外は拭く程度でもいいのではないかな?と思いました。

また、今回は台所用洗剤を薄めた水でつけおきしましたが、水垢・ニオイが気になるときは重曹を使ってつけおきするのがより効果的ですよ(^ ^)

重曹はフィルター掃除だけでなく、お風呂のカビ取りや洗濯、靴の消臭などにも使えてとにかくめちゃめちゃ便利なので、必ず家にストックするようにしてます。


ちなみに、はみ出てしまったパーツは水洗いして、拭く程度に留めました。

【注意!】
パーツ分解した後のユニット1の中には、細いイオン化線があります。
手を切らないように、軍手かゴム手袋をして作業をするようにしましょう。

【所要時間】5分程度(+つけ置き1時間)

⑤空清(プリーツ)フィルターを交換する

再び本体に戻り・・・③のユニット1を取り外して出てくるフィルター。
「フィルター交換」のランプは付いていませんでしたが、真っ黒になっていますね・・・!

こちらも左右のツマミをひっぱり取り出し・・・。


フィルターは使い捨てなので、ポイします!
替えが4つ付いているので、すぐに買い足す必要がないのがとても良いですね〜♪

そして・・・

裏側につけた「バイオ抗体フィルター(別売)」も、交換時期なのでポイ!

【所要時間】1〜2分程度

⑥脱臭触媒ユニットを掃除機で吸う


フィルターを取り外してでてきた黒い網目状のパーツ。「脱臭触媒ユニット」です。

こちらもつい流れで水洗いしてしまいそうになりますが、水洗い・こすり洗いは厳禁!
型崩れしてしまわないようにするためです。

こちらは掃除機で吸い取ってお手入れするようにしましょう!

【所要時間】3分程度

⑦ニオイ・ホコリ感知センサーを掃除機で吸う(拭き取る)


上部に2箇所ある感知センサー。


こちらも少しですがホコリが付いていますね。
本来は掃除機で吸うようにとありますが、うちの掃除機には付け替えノズルがないので・・・。


拭き取りで失礼します。


キレイになりました(^ ^)

【所要時間】2〜3分程度

乾燥させて、組み立て直す


キレイになったパーツたち。
水洗いしたものの水気をしっかり切ったら、外した時と逆の順番に組み立て直します。


ユニット2を戻し・・・


フィルターセット。
ここで、新しいプリーツフィルターの装着を忘れずに!
白色がこちら側になるようにセットですよ!


ユニット1に分解した極板もはめ込んで、同様にセット。


緑色のプレフィルターをはめ込んで、カバーを被せたら・・・


お手入れ終了です!

ホコリランプは赤→緑になりました!
緑反応は、お掃除直後だからホコリが舞っているからと予測。
お手入れ後は内部のホコリに反応しているということはなさそうです(^ ^)


ちなみに、フィルターを交換したあとはこちらの「フィルターリセットボタン」を必ず押すようにしましょう。
「フィルター交換」のランプが付いていた場合、このボタンを押さないと交換した後もランプが点灯し続けてしまうので注意です。

まとめ:作業自体は20〜30分程度で終了!

今回1年間放置してしまったことからわかるように、始めるまでが億劫になってしまいがちな空気清浄機のお手入れ。

20〜30分程度(+つけおき時間1時間)でサクッと終わらせることができました!

そして、「1年間フル稼働させたわりに、そこまで汚くなかった」というのが率直な感想。ホコリが溜まっていたくらいですかね。

でもやっぱり、カビなどの存在は怖いので・・・定期的なお手入れは必要不可欠ですよね。

しかし、今回掃除した感じだと「1年に1度全体をお手入れすれば、カビが生えたりすることはないんじゃないかな?」と思います。

(あくまでも我が家の使用環境での話ですが・・・)

なので、「それぞれパーツの手入れ期間がバラバラなのがめんどくさい」という方は・・・

「①本体・②プレフィルター・⑦感知センサーなどのホコリは気になったときにちょこちょこ取りつつ、本腰入れて全体をお掃除するのは年1回!

というのを1つの目安にしてみると良いかもしれないですね!(^ ^)

何がともあれ・・・

1年に1回、20〜30分程度の作業で、あの憎き花粉が家から撃退できるなら・・・儲けものではないでしょうか?!
ということで、以上!
「1年間フル稼働したダイキン・MC80T-Wのお掃除レポ」でした!


キレイになった我が家のヒーローMC80T-Wくん、これからもバッチリ花粉退治頼んだぞ〜!(キラキラリ〜ン)

-家電

2018/06/29