Queria

「困った、どうしよう」の少ない毎日へ

初心者必見!TOEICリーディングで点数を取るための勉強法

TOEICのリーディングパート、限られた時間内で、最後まで理解して解き切るのってとても難しいですよね。受けてみたらリーディング思ったよりも点数が低い!?基礎固めをしたいけどどのような勉強法が効率良いのかとお考えではありませんか?今回は、TOIECのリーディングパートの勉強方法についてお教えいたします。
1,918 views

初心者必見!TOEICリーディングで点数を取るための勉強法

TOEICリーディングにおける時間配分

TOEICリーディングパートはPart5〜7まで、試験の時間は75分で100問ということはご存知ですよね。ということは、1問あたりにかけられる時間は45秒です。

パート5は、短文穴埋め問題で30問
パート6は、長文穴埋め問題で16問
パート7は、長文読解の問題で54問

となっており、パートが進むにつれて難易度上がっていきます。つまり、最初のPart5〜6では時間をかけずに解答して、Part7にて長めに時間を使えるようにすることが、リーディングパートで時間内に解き終わるためのコツです。

初心者が点数を楽にとるためのコツ

初心者が点数を楽にとるためのコツ

この記事では、TOEIC初心者が効率的にリーディングパートの点数を上げるための方法を書いていきますが、初心者向きの内容です。例えば、現在リーディングパートの点数が100点代という方にはとても参考になる内容だと思います。

TOEIC初心者が効率的にリーディングパートの点数を上げるための方法ですが、、、「集中的にPart5〜6の勉強」することをお勧めします。

Part7は長文読解のパートになるため、基礎的な英文法に加えて、ボキャブラリーの多さ、どれだけ早く正確に文章を理解できるかが重要です。TOEIC初心者にとっては、勉強する量が多くなり、かなりの時間を要します。

そこで、Part5〜6に着目します。こちらは英文法の問題が中心です。出題されるパターンや、頻出の英単語などもある程度分かっているため、対策が容易なため、Part5〜6を集中的に勉強していきます。

Part5〜6の問題数は全体の100問中46問なので、全問正解するだけで495点の46%=230点を取ることができます。Patr7で3割正解できたとしたら、おおよそ300点は獲得できる計算です。(他の人の点数によって相対的に決まるため、点数はあくまで目安です)

現在、リーディングセクションで100点代だという方は、Part5〜6をの正解率を高めることで飛躍的に点数を上げることが可能です。

具体的な対策方法

 

1.自分に合う参考書を購入する

まずは1冊勉強しやすいなと感じる参考書を、本屋さんやインターネットで購入しましょう。中身を確認して、自分に合いそうかを確認して問題集を決めると良いと思います。

私のおすすめの参考書は以下の問題集です。文法の種類ごとの章立てになっているため勉強しやすいです。また、1問に対して、詳しく説明が書いてありますので不正解になった時にも、理解が容易です。他にも様々な参考書が出版されていますので、近くの本屋で探してくださいね。

TOEIC(R)TEST英文法 問題集 NEW EDITIONTOEIC(R)TEST英文法 問題集 NEW EDITION

2.1章を解いてみる

まずは、購入した問題集を1章を解いてみてください。
問題集を解く際に、気をつけてほしいのは、できた問題とできなかった問題を後から見てわかるように、問題集にチェックをつけることです。

繰り返し勉強する際に、前回間違えた箇所がわかると復習しやすいです。

3.分からなかった部分を深堀して勉強

分からなかった部分を深堀して勉強

1章を解いた後に、答え合わせを行います。答え合わせは、問題集の解答をみて、丸つけしていきます。もしも間違った場合は一旦立ち止まり、正解を確認します。

この時に、文法の使い方などを手持ちの英文法の参考書などで調べ、なぜその答えになるのかを納得できるまで深堀します。加えて、意味がわからない単語などがあったら合わせて調べます。

一つのわからない問題から関連することをまるっと調べて覚えるようにしましょう!関連付けを行うことにより脳の記憶力は飛躍的に増加します。

そのようにして、ひとつひとつの問題を確実にわかる状態にしていきましょう。

4.1冊の問題を全てやりきる

1冊の問題を全てやりきる

2〜3を繰り返して1冊の本をやりきってください。可能であれば1週間くらいで1冊を終えられると良いと思います。

5.見た瞬間にわかるという状態まで反復勉強

見た瞬間にわかるという状態まで反復勉強

その後、繰り返し3〜4を行います。2のステップで、わからない問題にはチェックをつけているはずなので、前回どの問題がわからなかったのか、そして2回目に解く際にはできるようになっているのかを確認しながら進めましょう。

これで、1冊の問題集の問題ならば、見た瞬間に答えがわかるという状態になるまでやりこみましょう。私が紹介した本の問題をやりこむとあるPart5〜6の問題には対応できるようになります。(私はそうでした)

見た瞬間にわかるという状態になることによりTOEICの本番でも、似た問題があると即解答することができます。Part5〜6を短時間で解答し、Part7の長文読解に余った時間を回すことができるようになります。

そうなるとPart7の点数も上がり、全体としての好循環が生まれるというわけです。

<番外編>それでもダメだったという方は

上記の勉強方法をやっても効果が上がらなかったという方は、そもそも単語のボキャブラリーが足りない可能性があります。英文法についてはわかったとしても、単語の意味がわからないと解答できない問題も多くあります。そのため、問題集を解きまくったにもかかわらず点数が上がらないという方は、単語を覚える勉強を行いましょう。

単語の覚え方については、こちらの記事で説明していますので、ご確認くださいませ。

脳の仕組みを活用!TOEIC英単語を効率よく覚える方法

まとめ

今回のポイントは、Part5〜6の問題に着目し、5〜6を一問も落とさないために問題集をやり込んで、試験の傾向を頭に覚えさせましょうという内容でした。ポイントは、とにかくやり込んで問題の傾向を頭に叩き込むことです。間違った問題については、わからなかった内容を深掘りし、関連する箇所についても覚えていくと良いでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。

-仕事・学習