Queria

「困った、どうしよう」の少ない毎日へ

咳が止まらない原因:風邪と病気の見分け方と、対処法

コンコンといつまでも長引く咳・・・そんな咳が続く症状でお悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか。長引く咳の症状を風邪の咳と思い込んでしっかりと適切な診断と治療を受けないまま放置してしまうと、大変な事態を招くかもしれません。今回は「咳が止まらない原因とその対処法について詳しくご説明いたします。
6,906 views

その咳、本当にただの風邪ですか?

コンコンといつまでも長引く咳、風邪のような咳がずっと止まらない・・・そんな咳が続く症状でお悩みの方はいらっしゃいませんでしょうか。
その咳、風邪だと決めつけて市販の薬を飲んでいたりしませんか?

長引く咳の症状を風邪の咳と思い込んでしっかりと適切な診断と治療を受けないまま放置してしまうと、大変な事態を招くかもしれません。

今回は、「咳が止まらない原因:風邪と病気の見分け方とその対処法」、そして「咳が長引いている時の病気の可能性」について詳しくお話をさせていただきます。咳が長引いている方はぜひご自身の咳の症状と照らし合わせ、ご参考になさって下さい。

風邪が治ったのに、咳が止まらない

風邪をひいてしまい、咳が出続けていたと思ったら、風邪が治った後もずっと咳が続いている、そんな時には風邪以外の病気を疑った方が良いかもしれません。風邪が治ったのに咳が止まらない場合には、まず最初に長引いている咳の症状と特徴を把握して、風邪以外の病気と照らし合わせる必要があります。

風邪をひいている時の咳の特徴とは

風邪をひいている時に出る咳は、主に「発熱」や「喉が腫れているような痛み」、そして節々の「関節の痛み」や「ズキズキと感じる頭痛」、「鼻水が出る」などの風邪特有の症状と共に現れるのが特徴です。

風邪ではない咳の特徴や症状

風邪ではない咳の特徴や症状は、主に

  • 2週間以上に渡ってしつこく咳が続いている
  • いわゆる「空咳(カラゼキ)」と呼ばれる乾いた「ケンケン」「コンコン」と肺から搾り出すような咳が続いている
  • 乾いた咳が起床時や夜になると症状がひどくなる
  • ストレスを常に感じており、ストレスが溜まっている状態で咳が長引いている

上記の中で一つでも長引く咳の症状として心当たりがある場合には、その長引く咳は『風邪からくる咳』ではない可能性があります。

症状別に解説:咳が止まらない原因と病気の可能性

咳が止まらないのが数日〜3週間以内

風邪は症状の重さによって違いはあるものの、おおよそ「1週間以内」に風邪の症状は回復して咳も次第に止んでくる事が多いです。風邪の咳はどんなに長くても「2週間以内」に治まる事がほとんどであり、「2週間以上頑固な咳が続いている場合」には、

気管支炎

気管支結核

の疑いがあります。

気管支炎は風邪をひいた時に咳が長引いてしまい、のどの器官である気管支が炎症を起こしている状態です。気管支結核は、気管支炎に加えて気管支に結核の症状が出ている病気の一つで、「血痰」や「発熱」、「気だるさを感じる疲労感が続いている」などの症状が出るのが特徴です。

3週間以上、乾いた咳が止まらない

3週間以上に渡って、乾いた空咳が止まらない場合には、

マイコプラズマ

の可能性が高いです。マイコプラズマとは人体に侵入して「マイコプラズマ肺炎」と呼ばれる肺炎を起こしたり、「尿道炎」などの原因にもなる感染症の一つです。

マイコプラズマに感染した際の主な症状としては、「乾いたような咳が続いている(3週間以上)」、「喉が慢性的に痛む」、「呼吸がしにくい」、「食べ物や飲み物を飲み込む時にしょっちゅうむせてしまう」、そして「発熱」などの症状が現れるのが特徴です。

マイコプラズマ肺炎が起きる原因の代表的な物としては、「夏場にカビが付着したエアコンを使用してクーラーをつけっぱなしにしている」生活をしていた事が空気中にマイコプラズマがただよう原因となり、結果としてマイコプラズマ肺炎などの肺炎を引き起こしてしまう事があります。

夜中や明け方に、咳の症状がひどくなる

長引く咳が特に夜中や明け方に症状がひどくなる場合には、

咳喘息

の疑いがあります。

咳喘息とは、一般的な喘息と同じように気道が狭くなって刺激に対して敏感になってしまう病気です。咳喘息は慢性的に咳が長引いてしまうのが特徴であり、寒暖差やストレス、空気中に存在しているダニやカビなどのハウスダストが原因で引き起こされる事があります。咳喘息は「一ヶ月以上乾いた咳が続いている」、「夜間から明け方の起床時にかけて特に咳の症状がひどくなる」といった症状が続くのが特徴です。

精神的なストレスが大きい時の咳

仕事や家庭、その他諸々の原因がストレスとなっている場合にも咳が長引く事があります。ストレスが原因で咳が長引く症状は、

心因性の咳嗽(がいそう)

と呼ばれています。

心因性咳嗽と風邪や他の肺炎などの病気を見分けるには、「眠っている間は咳が出ない」というのが心因性咳嗽の大きな特徴です。

心因性咳嗽は「日常的にストレスや不安を常に感じている」「免疫力が落ちている」時に発症しやすい症状の為、ストレスを軽減する事を心がけたり、リラックス出来る環境で生活する、免疫力を高める、といった方法で症状が改善される事もあります。

その他の病気の可能性

風邪ではな咳が長引く場合には、上記以外の病気の他に、「飛沫感染」が原因で罹ってしまう熱病が原因となっているケースもまれにですがあります。単なる風邪や気管支炎、とばかり思い込んでいると、恐ろしい感染症を発見するのが遅れてしまい、重篤な状態にまで陥ってしまう事も。

まとめ

今回は長引く咳が風邪なのか、それとも他の病気なのかの見極め方について解説しました。「ただの風邪だから大丈夫」とあなどっていると、命にかかわる病気を見落としてしまうおそれもあるので、乾いた咳が1週間以上続く場合には風邪以外の病気を疑って、なるべく早い段階で、病院を受診してください。

-病気・不調

2016/07/08