Queria

「困った、どうしよう」の少ない毎日へ

新築祝いのお返し 家族や親戚へおすすめの品物とマナー

新築で自分の家などを建てるということは、とてもおめでたいものですよね。家を建てた時に、新築祝いを頂いたという方も多いのではないでしょうか。さて、新築祝いをいただくのはとてもありがたいことなのですが、そのお返しをする時点で様々な悩みを抱えられるケースが多いです。今回は、新築祝いのお返しにおいて、大切なマナーや気をつけるべきポイントなどをご紹介したいと思います。
394 views

新築祝いのお返しで気をつけたいマナー

新築祝いお返しのマナー

新築のお祝いをいただいた時、何も考えずにお返しをしてしまうと大変失礼なことをしてしまっていたということは少なくありません。特に日本は礼節の国でありますので、予想外な部分にまで気を配っておかなければ相手方の面目を潰してしまうということも起こり得るでしょう。そのため、新築祝いのお返しをする際には、必ずマナーについてしっかりと意識をした対応が必要になってきます。

お返しの時期について

新築祝いのお返しのマナーを考える時に、一番最初の壁となるのがお返しをする時期です。

新築祝いをいただいてからすぐにお返しをする方が良いのか、それともある程度の時間を置いてからお返しをするべきなのか、非常に悩んでしまうポイントとなるでしょう。ではこのお返しをする時期はどれくらいが良いのかというと、一般的に「お祝いをいただいてから2週間から1ヶ月以内」であると言われています。

そのため、新築祝いをしていただいてから1ヶ月を経過してお返しをしてしまうと、相手方に失礼になってしまいます。忘れずにお返しを行うようにしてください。ただ、新築のお披露目をするような会を開いた時は、そのお披露目会での食事やお土産などがお返しという意味合いを持ちます。そのような会を開いて招待した方からいただいたお祝いについては原則としてお返しをする必要はないため、この点については注意をしておきましょう。

別途お返しをする場合と、その金額

上記の後半で説明したように、実はお披露目の会を行った場合は新築祝いのお返しを用意する必要はありません。しかし、基本的にはお返しをする必要がなかったとしても、いただいたお祝いの額があまりにも高額であった場合は、別途お返しをすることがマナーとして求められます。

では別途お返しをする場合、その金額はどれくらいが基準となるのでしょうか。これについては、いたいだいた品物の約半分の値段のものを返すようにすれば間違いありません。ただ、別途お返しをする場合においては、お披露目会の分をお返しとしてカウントすることもできますので、いたいだいたお祝いの額の半分よりもやや少ない金額のお返しでも許される範囲になります。

いただいたお祝いが少ない時の対処法

お披露目会で高額なお祝いをいただいた時や、お披露目会はせずにお祝いだけをいただいた場合の対処方法を紹介します。
いただいたお祝いの半額程度のお返しをすればいい、という基準を先ほど述べました。では逆にいただいたお祝いが少なかった時には、どのようなお返しをして対処するべきなのでしょうか。これについては、手軽な価格の品物を用意して、それをお返しとして送るようにしましょう。少額のお祝いしかいただいていないのでお返しはしないというのはかなり失礼ですのでご注意ください。

会社や同僚・友人などへのお返しについて

親戚などとは違って、会社や同僚・友人などにはそれぞれに応じた新築祝いのお返しをすることが必要になってきます。まず会社からお祝いをいただいた際のお返しについてですが、このようなケースは、まず会社の方に「お返しをしても良いでしょうか?」と確認をしてください。

というのも、新築祝いは会社の福利厚生の一環として出している場合がありますので、お返しをされては困るということがあるからです。もしもお返しをしていいとか、特にお返しをされて困ることはないという確認が取れた場合は、いただいた額のおおよそ半額という原則に準じてお返しの品を用意しましょう。

次に同僚や友人へのお返しについてですが、このケースについても、いただいたお祝いのおおよそ半額のお返しをするようにすれば間違いはありません。ただ、同僚や友人の場合は連盟でまとめてお祝いをくださることがありますので、そのような場合はお祝いをくださった方にそれぞれ個別で、少額のお返しをすると良いでしょう。

お返しの品のおすすめは?

新築祝いおすすめの品は?

新築祝いのお返しは、どのような品物を用意すれば良いでしょうか?
金額は、いくらが妥当なのでしょうか?

何が適切なお返しの品なのか、どのくらいの金額が良いのか、分からない方も少なくないと思います。

無難な品を選ぼうとしても、もしかすると新築祝いのお返しにはその品は縁起が悪いと判断されてしまうという懸念も捨て切れません。そのため、新築祝いのお返しをする際には、どのような品物を用意すればいいのか明確に知っておく必要があると言えるでしょう。

おすすめの品

新築祝いのお返しにおいておすすめの品として挙げられるのは、食器などの「入れ物」です。
なぜ食器などがおすすめの品なのかというと、新築した家に人が入ったということと、入れ物が掛かっており、縁起物としての意味合いを持つようになるからです。
そのため、新築祝いのお返しとして「おかげさまで無事に新築した家に入ることができましたよ」という報告を兼ねて、食器などを送ると良いでしょう。
しかし、食器などではちょっとお返しを送る相手が喜んでくれなさそうであったり、そのような品物を送るのが適切ではないと判断される場合もあるでしょう。そんな時は、日頃の生活で消費する石けんやタオル、ちょっと高級な食べ物など、相手方が喜びそうな日用品・消耗品でもかまいません。

また、何をお返しとして送るのか決めるのが面倒という場合は、お返しのカタログを送るというのも一つの手段となります。なお、少額のお祝いをしてくれた方へのお返しとして適切な品としても、これらの日用品・消耗品の中で適切な値段のものを選ぶと良いでしょう。

目上の方へのお返しの注意点

親戚や会社の上司など、目上の方へのお返しはかなり気をつけなければなりません。

目上の人になるほど、お返しの際に気をつけるポイントは、多くなります。
失礼なお返しをしてしまうのは、嫌ですよね。

目上の方へのお返しの注意点としては、まず、「いただいたお祝いの額よりも高いお返しをしない」ということが挙げられます。
基本的に新築祝いのお返しはいただいた額よりも少なくていいので、それよりも高い値段のお返しをするのはダメなのです。目上の方に高い値段のお返しをしてしまうと、相手方を下に見ているということになるため、かなり失礼なことだと判断されてしまいます。

また、送るべき品物としても、座布団などの「下に敷く」ものは「下に見る」と連想をされてしまうため、上司に送るのはやめましょう。

また、目の上の方に対して、現金をそのままお返しとして返す、商品券を返すということも失礼にあたりますので気をつけるようにしてください。

のしの書き方

新築祝いのお返しの時期やどのようにしてお返しをするのでしょうか?

何を送るのかが決まれば、最後にラッピングをしてのしを書くようになります。

この、のしの書き方もまたマナーが必要な部分であり、一定の決まりごとがあります。気をつけなければならないポイントですね。
新築祝いのお返しののしですから、ついつい「御返し」と書いてしまうところなのですが、ここでは水引の上部分に「新築内祝」もしくは「内祝」と書くのがベストでしょう。祝いごとの際は、お返しという言葉をのしに書くのは不適切であるとされているため、お返しの意味を持っている内祝の言葉を入れておくことが適切なのです。そして水引の下には内祝をするお祝いをされた側の自分自身の名前を書くようにしてください。なお、のしに巻く水引は紅白か金銀色であり、なおかつ蝶結びのものを選ぶようにしてください。蝶結びを選ぶのは何度でもほどいて結び直せることから、「何度でも新築という喜びがあってもいい」という意味を表しているからです。

まとめ

マイホームなどの新築は、おそらく人生の中でそう多くはあるものではないと思います。そのため、新築祝いのお返しは誰しもが慣れていないことなのではないでしょうか。慣れないことだからこそついつい粗相をしてしまう、そのようなものだと思いますので、新築祝いのお返しについては上記した事柄に気を配りつつ、相手に対して失礼のないようなお返しをするようにしてくださいね。

-プレゼント・お祝い

2016/08/10