Queria

「困った、どうしよう」の少ない毎日へ

これで安心!子どもの熱が下がらない時の原因と対処方法

子どもが熱を出すのは当たり前!とは言うけれど、熱が何日も下がらないとやっぱり心配になりますよね。発熱は、体の免疫機能がしっかり働いている証拠でもあるし、どこまで様子をみたらいいのか悩むところです。今回は、そんなお悩みを解消すべく、子どもの熱が下がらない時の原因と対処法や病院受診のタイミングについてお伝えしていきます。
6,391 views

子どもの熱を下げてはいけない?

「熱を下げようとしてはいけない」と言われる理由

子どもが発熱する時、多くは風邪やインフルエンザなどの感染症にかかっている場合がほとんどです。

この熱は、体の中に入ったウイルス自体が熱を出すのではありません。熱でウイルスの活動を抑えるために、防御反応で体が熱を発生させています。なので、発熱は、体を守るための正常な働きであることから、むやみに熱を下げようとする必要はないのです。

時には40℃の高熱なんてこともありますよね。しかし単純に、高熱=重症というわけではありません。大事なのは、発熱の原因がどこにあるのか。肺炎や気管支炎などの合併症を起こしていないか、熱の他にどんな症状があるのかなど、全身の状態を観察することが大切なのです。

子どもの熱を下げる方法

子どもの熱があることがわかったら、まず、とにかく安静に休ませることが第一です。その上で、体温の上がり下がりや子どもの様子に合わせて対応しましょう。

熱があり寒がっている時

寒気を訴える時は、これから熱が上がるサインです。子どもの手足に触れて冷たかったり、顔色が悪く、体が震えるときには、布団をよくかけて温かくしましょう。この段階では、氷枕などを使用すると、かえって寒い思いをするので、まだ使用しなくても大丈夫です。また、すぐに解熱剤で熱を下げようとせずに様子をみます。

熱があり寒がっていない時

熱がグンと上がりきると、顔色は赤くなり、手足も熱く汗をかいてきます。暑がるようなら、かけている布団を薄くし、手足も布団から出してあげましょう。そうすることで、熱を放散します。汗をかいたら、着替える前に、身体を蒸しタオルで拭いてあげるのも効果的ですよ。

体を冷やして熱を下げる

体の熱を下げるには、どんな対処方法が適しているのでしょうか?

汗を大量に出す

熱がある場合、無理に汗をかこうとすると逆効果で、脱水症状になりかねません。たまに、「熱いお風呂に入ってたくさん汗をかき、汗で体を冷やすことで風邪を治した」なんて話を聞いたことがあるかもしれませんが、実は、子どもでも大人でも、汗をかいて熱を下げようとするのはムダな行為なのです。

熱が出て汗をかくのは、高い熱を維持してウイルスをやっつけた後に、体を熱くしている必要がなくなるため、汗をかいて熱を冷ますという仕組みになっています。つまり、汗をかくから治るのではなく、治り始めてきているから、汗をかくのですね。治りかけはたくさん汗をかくので、身体が冷えすぎないように、服を着替えるなどして、気をつけましょう。

水分を摂る

汗で体内の水分が奪われると脱水状態になってしまうので、水分を少しずつ何回かに分けてとりましょう。一度にたくさんとろうとすると、血液には吸収されずにおしっこで出てしまいます。胃腸も弱っていると、嘔吐てしまう可能性もありますよね。しっかり水分を体に吸収させるためには、ゆっくり少しづつ飲ませるのがポイントです。飲み物は、麦茶や湯冷まし、経口補水液、赤ちゃんなら赤ちゃん用のイオン飲料がベストですよ。

厚着をする

厚着は、熱がこもってしまい、体力を消耗してしまうためNGです。寒気があるときは温かくする必要がありますが、熱が上がって汗をかくときには、寒くない程度の薄着にしてあげるのがベストです。寒いなら暖かくする、熱いなら涼しくするというように、子どもが心地よいと感じる状態を作ってあげましょう。

身体の各部分を冷やす

ここで出番になる氷枕や保冷材。体を直接冷やすには、どの部分を、どのように冷やすと、一番効果的なのでしょうか?

おでこを冷やすのは効果あるの?

昔から、熱が出ると氷のうや濡らしたタオルをおでこに乗せるとよいというイメージがありますが、実は、これで熱が下がる効果はほとんど期待できません。しかし、体が熱く辛いときに、おでこを冷やすと「気持ちいい」と感じるので、気持ちの面では効果がありそうです。

熱を下げるのに効果的な、冷やす場所

熱を下げるためには、太い血管が通っていて、リンパ管の集まっている、首回りやわきの下、手首、脚の付け根に保冷剤をあててあげると効果的ですよ。血液は、全身に流れているので、多くの血液が通る部分を冷やすことで、効率よく体全体を冷やしていくのです。また、ウイルスが体内に入ると、ウイルスを撃退するために、リンパの働きが活発になり、熱を生み出します。そのため、リンパ管の集まるところを冷やすのも効果的なのです。

病院に行くべきタイミング

3日以上熱が続く場合

いわゆる普通の風邪ならば2~3日で落ち着いてきます。しかし、3日以上たっても熱が下がらず、ぐったりとして、水分も食事もとれない、頭痛や腹痛、嘔吐などの症状がある場合は、一度病院行き診断してもらいましょう。水分がとれないと、脱水症状になる恐れがあるので、水分がとれるかどうかも受診する一つの目安になります。

3日以上熱が続く場合に疑われる病気は、インフルエンザ、水ぼうそうや風疹、溶連菌の感染、おたふくかぜ、尿路感染症などがあります。水ぼうそうや風疹の場合は、体中の皮膚に発疹ができたり、おたふくかぜの場合は、耳の下が腫れたりと、特徴的な症状があります。このようなところも観察ポイントですね。

ちなみに、赤ちゃんの場合は、1日の熱の上がり方をよく観察しておきましょう。発熱といわれる状態は、37.5℃以上、高熱といわれるのは38℃以上とされています。突然39℃を超える熱が出たり下がったりをくり返したり、おしっこが出ないとか、母乳やミルクをあまり飲まないなどの状態が2日以上続いて見られる場合は、受診しましょう。熱の上がり方や、その他の気になる様子を病院でお話すると、先生もより的確な判断がしやすくなりますよ。

生後3カ月未満は、通常お母さんからもらった免疫で守られているのですが、もしこの時期に38.5℃以上の熱が出た場合は、単なる風邪ではない別の原因が潜んでいることもあるので、すぐに病院にかかりましょう。

5日以上熱が続く場合

5日以上熱が続く場合に疑われる病気は、プール熱、川崎病などがあります。プール熱の症状としては、38度以上の高熱、喉の痛み、目の充血や目やにが出るなどの様子が見られます。脱水症状がある場合は、入院加療することもあります。

川崎病の症状としては、全身の発疹、首片側のリンパの腫れ、手足の腫れ、目の充血、唇の赤みや舌にブツブツとした発疹が見られます。川崎病は、心臓への後遺症を残すことがあり、子どもであっても心筋梗塞を起こす恐れがあるため、これらの症状が見られたときは、すぐに病院にかかりましょう。

また、原因のわからない微熱が長く続いている場合も病院にかかる必要があります。熱が高くなくても、咳が続いているなどの場合は、気づかぬうちに肺炎を起こしていたという例もあるのです。

一度受診して薬を飲んでいても、症状が改善せず、さらに3日以上熱が下がらないというようなときは、もう一度受診しましょう。脳炎や髄膜炎などを引き起こしている可能性も出てきます。

まとめ

子どもの発熱がわかると、つい慌ててしまいますが、一概に「38℃以上の高熱だから重症」というわけではないということがわかりました。

肝心なのは、熱だけでなく、他にも症状があるかどうかをよく観察することです。特に脱水症になると重症化してしまうので、水分がとれているかどうかということも受診のための判断基準になりますね。

子どもの場合、熱があっても比較的元気な場合もあるので、いつも元気な声が弱々しかったり、なんだか機嫌が悪かったり、ぐったりしているなど、いつもと様子が違うなと感じたことは、メモに取っておくと病院受診したときに役立ちますよ。

そして、今まで良しとされてきた対処法が、思いのほか間違いだったこともたくさんありましたね。いざという時は、今回ご紹介した対処法や受診の目安を取り入れていただければと思います。しかし、子育ては慣れないことの連続でもあるので、少しでも不安がある時は、ためらわずに病院の先生に相談してくださいね。

-病気・不調

2016/07/08